>

2012年10月05日

ダイソーの練り香水:フラワーフェアリー

ダイソーなので、もちろん100円です。

ダイソーの練り香水 100円 フラワーフェアリー

本サイトのこちらのページで詳しく紹介しています→ダイソー(100均)でも練り香水は買える

posted by すず at 23:38 | 練り香水

2012年08月21日

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水:らべんだーのかほりのパッケージです。

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水:らべんだーのかほりについては、本サイトで詳しく解説しています→椿堂練り香水:らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

椿堂練り香水 らべんだーのかほり

posted by すず at 15:59 | 練り香水

2012年08月12日

スージーズーの練り香水 Fresh(パッケージ)

スージーズーの練り香水Freshの、パッケージです。パッケージというか、台紙です。

スージーズーの練り香水Fresh(パッケージ)

スージーズーの練り香水Freshについては、本サイトで詳しく紹介しています→スージーズー練り香水 Fresh

スージーズーの練り香水Fresh(パッケージ)

posted by すず at 15:08 | 練り香水

2012年04月25日

これも、大昔から思っていること

この記事と似たようなことなのですが……

なぜ、生活の木は練り香水を出さないんだろう? 出せば結構売れると思うのに……。
1回、試しに限定で出してみればいいのに。


posted by すず at 14:18 | 練り香水

2012年04月17日

chaumet ショーメ 練り香水

以前から、本サイトにアップしようか、こちらのブログにアップしようかと迷っていた記事なのですが、迷うのも面倒になり、こちらにアップしてしまうことにしました。

【chaumet ショーメの練り香水】
練り香水ファンなら、ほとんどの人は知っていると思います。

ショーメ 練り香水

私は、これ以外のショーメの練り香水は見たことがありません。もしかしたら、ある年気まぐれに作って、「やはり一般的な香水の方が売れる」みたいなことで、二度と作らなくなったのかもしれません。

↓こんな大きさです。
ショーメ 練り香水

ショーメって、元々ジュエリー屋さんですよね。ジュエリーメーカーだと、やはり容器がちょっと違います。ベコベコのプラ容器はマズイだろ、っていうところなのでしょう。
私は、この容器の見た目は気に入っている方なのです。しかし、金属製なので、小さいくせに重いのなんの。内容量2gに、この重さは無いなあと思い、持ち歩き用にはしませんでした。(しかし、こういう良い容器こそ、人に見せびらかしたいところです)

一応、成分を書いておきます。
《成分》タルク、ポリエチレン香料、シリカ、マイカ、合成金雲母、メチルパラベン、酸化チタン

容器は、スライドして開けるようになっています。
ショーメ 練り香水

私は、スライド式の練り香水容器は、本来はあまり好きではありません。密封性が無いので、なんだか、中身が漏れてくるような気がするからです。(実際には漏れないとしても「漏れそう」な感じが嫌)
しかし、この練り香水は、パウダーとラメでカチカチ状態でして、「溶けて出てくる」ようにはまったく思えないため、スライドの蓋でも嫌ではありませんでした。

この練り香水、湿り気というものが激少なく、私は「乾ききった不良品を買ったのだろうか」と思ったくらいでしたが、どうやらこういうものらしいです。

指に取っても粉っぽいです。
ショーメ 練り香水

練り香水だと知らない人が見たら、完全に「パウダーのコンパクトですよね」ってことになると思います。
パウダーみたいな見た目どおり、つけてもサラサラで、付け心地としては良いのですが、つけたところが何かに触ると、結構落ちてしまうように感じます。
香りは、甘いけど癖がある感じなのですが、一度に大量につけられないせいか(サラサラすぎて)、嫌味に感じるほどにはなりません。

容器の薄さも気に入っているのですが……持ち歩かないことにしたので、あまり薄さは関係なくなりました。
ショーメ 練り香水

この練り香水は、何年も前から出回っており(4〜5年前にはあったと思います)、多分、すでに新規には製造しておらず、在庫を販売していっている状態なのではないかと思います。私がそう思う理由は、突然よく見かけるようになったと思ったのに、その後新商品も出ず、デザインも変わらず、どんどん値段は下がっていき、扱う店舗も少なくなっているからです。最初はいくらだったか忘れてしまいましたが、私はずいぶん下がって、1000円を切ってから買いました。たしか……800円くらいではなかったでしょうか。800円なら、個性的な練り香水をずいぶん安く買ったと思えるので、トータルでは「わりと面白い、良い買い物だった」と思います。
容器が重すぎるのと、サラサラすぎるのが気になるのとで、「すごく良かった。100点!」とは言いかねます。

posted by すず at 00:16 | 練り香水

2012年04月08日

香彩堂練り香水:紫雲

香彩堂練り香水:紫雲の箱です。

練り香水:紫雲 香彩堂

香彩堂練り香水:紫雲については、本サイトで詳しく解説しています→香彩堂練り香水:紫雲

練り香水:紫雲 香彩堂

練り香水:紫雲 香彩堂



posted by すず at 17:27 | 練り香水

2012年03月26日

パルティの練り香水は……

私は、「多分、気に入らない」と思う練り香水も、つい好奇心で買ってしまうことがあります。100均で見かけた練り香水さえも、「安っぽいに決まってる」と思いながらも買ってしまったことがあります。
しかし、どういうわけか、パルティの練り香水だけは、買いたいとも、ダメモトで買いたいとも思いません。
パッケージからも読み取れる「安っぽさ」がそう思わせるのでしょうか……。

パルティの練り香水って、こういう商品なんですが、


お値段は600円くらいですから、この程度が妥当なんだと思います。それに、同じくらいの安い練り香水を買うのに、「安っぽさ」で抵抗があったためしは無いのです。
こうなると、結局好みの問題なんだろうと思うのですが、なんと香りを試したことが無いので、完全にパッケージの上から見ただけで「要らない」なんです。香りが自分のストライクゾーンだったら、もったいない話です。
自分には、こういう商品は珍しいので、買いもしないのに、思わず記事にしてしまいました。

posted by すず at 18:00 | 練り香水

2012年03月06日

ミツロウシートを見るたびに思うこと

うちには、ミツロウシートというものがあります(ハニカムシートともいいます)。

ミツロウシートは、名前の通りミツロウがシート状になっていて、これに芯を入れてクルクルと丸めるだけで、ミツロウキャンドルが簡単に作れるというものです。ハンドクラフト店などで売っています。

これ、ミニロウソクを作ったときのあまりというか、切れ端です。
ミツロウシート

このミツロウシートですが、手作り化粧品など作るミツロウと、基本的には同じような手触りと色です。原料にも、「ミツロウ100%」と書いてあります。

本サイトのこちらの記事にもあるように、練り香水を自作するには、ミツロウを使うのがスタンダードです。
自作練り香水をたくさん作るなら、どんどんミツロウを買ってもいいのですが、私はたま〜に作ってチビチビ使うタイプなので、そんなにミツロウをしばしば購入するわけではありません。
そうすると、手元にあるミツロウシートを見て、「これで練り香水を作ったらダメかしら」と思ってしまうんです。

私が思うに、多分、肌に付けるものには使うべきでないのだと思います。
商品のパッケには、明確に「ハンドクラフト用」と書いてありますし、ミツロウを扱うショップで、「コスメにも使える」と書いてあったためしはありません。また、手作りコスメ情報が多い個人ブログなど渡り歩いてみても、「ミツロウシートを素材にコスメを作った」という記事には出会ったことがありません。

しかし、「万が一、口に入っても無害なので、お子様が扱うのも安全」と書いてあるミツロウシートはあるんですよね……。口に入っても大丈夫なくらいなんだから、ちょっと肌に付けるくらいいいんじゃない?

……と、いうことを、画像の「きれっぱし」を見るたびに思います。
いつか、「肌にどんなダメージがあったもかまわない」「オイルが無駄になってもかまわない」と開き直って、使っちゃうこともあるかもしれません。そのときには、画像付きで紹介したいと思います。

でも、人様には、「やめた方がいいのではないか」と申し上げたいです。

posted by すず at 18:03 | 練り香水

2012年02月20日

大昔から思っていること

なぜ、京都ちどりやは練り香水を出さないんだろう……。

お土産ものだけでも、結構売れると思うのに。

posted by すず at 14:09 | 練り香水

2012年02月15日

舞妓はん練り香水

舞妓はん練り香水
本サイトで詳しく紹介しています⇒舞妓はん練り香水

舞妓はん練り香水

posted by すず at 16:54 | 練り香水