>

2018年04月15日

練り香水をキャンドルにしてみた

アロマキャンドルで、「練り香水としても使える」という商品があります。練り香水好きな私は、以前から、そのようなキャンドルに興味を持ってはいます。しかし、今までに買ってみたことはありません。

私は、ミツロウを使って、練り香水を手作りすることがあります。そのときに、
「中にロウソクの芯を仕込んで、キャンドルにもなるように仕立ててみようか」
と思ったこともあります。……実行はしてませんけど。

でも、「練り香水をキャンドルと兼用させる」というのをやってみたい気持ちは、心のどこかにあったのでしょう。
ある日、仏壇用のローソクが、箱の中で1本折れているのを発見しまして……
ローソク
この芯を取って、既製品の練り香水の中に挿しこんだら、そのままキャンドルにならないかしら、と思いました。
そこで、すごく古い、ダメにしても惜しくない練り香水を使い、実際に試してみました。

※以下に、試した手順を書きますが、真似することはお勧めしません(しないだろうと思いますが)

使用した練り香水はコレ
練り香水 レモンバーベナ

ローソクの芯を引っ張り出し……
ローソクの芯

はさみでカットします。
ローソクの芯

練り香水は、真ん中に針で穴をあけまして……
練り香水

少しだけ、練り香水を抉り出しておきます。
練り香水

あいた穴の中に、ローソクの芯を立てます。
練り香水
芯は、ただ挿し込んだだけです。

芯の周りに、抉り出した練り香水をちょいちょいと詰め、芯を安定させます。
練り香水

そして、点火!
練り香水 キャンドル

すぐ消えてしまうということはありませんでした。
点火してから1分くらいたつと、明らかなハーブの香りがしてきました。一般的なアロマキャンドルよりも淡い香りですが、私はむしろこのくらいが好きだと思いました。

点火してから4分経過した時点で、アルミ缶を手で持ってみました。もしも、あつ〜〜くなっていたら、危険だから火を消そうと思ったのです。
練り香水 キャンドル
おや、全然熱くない。ほぼ熱を感じませんでした。ロウがこの程度溶けたキャンドルの熱なんて、わずかなものなのでしょうか。それとも、平缶の力なのでしょうか。(うちにある、ガラス容器のアロマキャンドルは、もっと熱くなるような……)

でも、5〜6分たったところで、火が消えました。
消えた理由は、火が燃える部分の芯が、水没というか、溶けたロウの中に没したためでした。
練り香水 キャンドル

じゃあ、水面(ロウ面?)から芯を出してやればまた燃えるはずと思い、爪楊枝で芯を起こしてやったら……
練り香水 キャンドル

ちゃんとまた燃えてくれます。
練り香水 キャンドル
でも、芯の周りが溶けて、芯が倒れてしまえば、また消えてしまいます。
なので、本気でキャンドルにしようと思うなら、「芯が倒れない方法」を考えないといけない、ということになります。

私は、この時点で、深追いすることはやめて「実験終了」にしました。
ローソクの芯の入った練り香水は、一応とってありますけど、これから先どうするか分かりません。しばらくしたら、「捨てちゃえ」ってことになるかもしれません。

意外と簡単にキャンドル化したことと、良い香りがたったことで、「実験」としては楽しかったです。

posted by すず at 19:31 | 練り香水

2017年06月28日

スイートアーモンドオイル

自作練り香水の材料として持っている素材で、持っていることを忘れたくないと思っているものを、こちらのブログにアップしておこうと思います。

スイートアーモンドオイル。
スイートアーモンドオイル

ヘアケアとか、スキンケアにも使われるスイートアーモンドオイルですが、私は練り香水に使用する目的で購入しました。買った動機は、「練り香水のためだけ」だったのですが、使い始めたら早く使い切りたいので、スキンケアなどにも使っています。

一応、スイートアーモンドオイルの基本情報を書いておくと、
  • アーモンドの種からとれるオイル
  • 刺激が少ない(敏感肌の人や、赤ちゃんでも使用可)
  • ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB、オレイン酸などが豊富
  • ナッツアレルギーの人は、使用NG
というようなオイルです。
私は、スイートアーモンドオイルは、意外にも画像のものがはじめての使用でした。ナッツ系のオイルは、蓋を開けると、「ナッツだ!」と感じる風味みたいなものを感じるものですが、このスイートアーモンドオイルは無香でした。

私は、練り香水作りにスイートアーモンドオイルを使うときは、基材となるオイルに単品で使うか、ほかのオイルとブレンドして使うか、どちらかです。
ブレンドするときには、完全にそのときの気分であわせるので、割合などはその場で適当に決めます。ただ、なんとなく、「ほかのナッツ系オイルとあわせる」というのは、あまり気が進まないので(ナッツとナッツをあわせても問題があるわけではありません。私の勝手な方針です)、やったことがありません。


posted by すず at 17:08 | 練り香水

2017年03月09日

練り香水は、黴びる?

練り香水って、カビます?
本サイトのほうには、ずっと以前から、練り香水とカビに関するキーワードでのアクセスが見受けられ、それを見るたびに、
「うちではカビたことないけどな」
と思っていました。

私は、練り香水歴30年以上です。そして、手元に練り香水の在庫があふれているような生活になって久しいです。
その人間が、練り香水のカビは未体験ということは、多分、練り香水はカビないんじゃないかと……。

posted by すず at 17:53 | 練り香水

2016年06月24日

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

本サイトに、椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほりの詳しい記事があります。

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

椿堂 練り香水 ざくろのタルトレットのかほり

posted by すず at 18:40 | 練り香水

2016年05月27日

ディアフラワーズ 練り香水:レモンの花と棘

ディアフラワーズ 練り香水:レモンの花と棘

本サイトに、ディアフラワーズ 練り香水:レモンの花と棘の詳しい記事があります。

ディアフラワーズ 練り香水:レモンの花と棘

posted by すず at 14:39 | 練り香水

2016年03月14日

Le Crayon Parfum

実家の自分の部屋から、こんなものが発見されました……。

Le Crayon Parfum

なんだろう、これ。何にも覚えてないけど、自分で買ったのかしら。それとも、誰かにもらった?

Le Crayon Parfum

Le Crayon Parfum

「Le Crayon Parfum」と読めます。「ペンシル香水」というか、要するにスティック型の香水です、ってことだと思います。

こんなパッケに入っていました。
Le Crayon Parfum

台紙にうっすらシミが出ているのが、年月を感じさせます。
この香水が、いつからあるのか分からないですが……私が実家を出る前からあるのだとすれば、すでに25年以上寝かせていることになります。

↓パッケの裏です。
Le Crayon Parfum

パッケのどこにも、日本語の記述がありません。輸入元が貼った日本語シールみたいなものもありません。そうなると、「フランス土産?」と思わないでもありません。でも、こんなお土産をくれた人の記憶が無いんだけど……。

台紙を見たところ、この香水は「シャネルの5番タイプ」というものらしいです。
シャネルが正規で出している、シャネルの5番の練り香水、ではなくて、全然別会社が、「シャネル5番っぽい香り」を調香して、「シャネル5番風」として製造したみたいです。

蓋を開けますと……
Le Crayon Parfum
な、なるほど。たしかにそれっぽい香りかもしれない。本物ほど濃厚じゃないけど。

スティックをくりだしてみます。
Le Crayon Parfum

全部くりだすとこうなります。
Le Crayon Parfum

私の持っているスティック型の練り香水の中では、一番細いです。このくらいの細さ、悪くないと思います。持ち歩きには便利ですね。

大昔の練り香水なので、肌につけるのがためらわれ、未だに眺めているだけです。でも、スティックの芯を出したり入れたりしていると、シャネル5っぽい、化粧くさいような香りが漂って、ちょっと楽しいです。

20何年たっていたとしても、見た目にはそんないヤバい物体にはなっていません。なので、いずれ好奇心に負けたら、私は恐る恐る手首につけてしまうと思われます。

でも、ホントにこの練り香水はどこからやってきたのでしょうか。
存在を完全に忘れていたことと、「シャネル5番風」というセレクトが自分らしくないことを考えると、やはり誰かにもらったのではないかと推測されます。
もらったばかりのときに、香りを試して、気に入らなくて放置した……というようなことなのでしょうか。

posted by すず at 23:21 | 練り香水

ほっこり舞妓の練り香水:桜の香り

ほっこり舞妓の練り香水:桜の香り

本サイトに、ほっこり舞妓の練り香水:桜の香りの詳しい記事があります。

ほっこり舞妓の練り香水:桜の香り

ほっこり舞妓の練り香水:桜の香り

posted by すず at 21:46 | 練り香水

2015年09月21日

ふじのくにの練り香水 紅苺

ふじのくにの練り香水 紅苺

本サイトに、ふじのくにの練り香水:紅苺の詳しい記事があります。

ふじのくにの練り香水 紅苺

posted by すず at 00:08 | 練り香水

2015年08月14日

椿堂 練り香水 柚子のかほり

椿堂 練り香水 柚子のかほり
本サイトに、椿堂 練り香水 柚子のかほり の詳しい記事があります。

椿堂 練り香水 柚子のかほり

椿堂 練り香水 柚子のかほり

椿堂 練り香水 柚子のかほり

椿堂 練り香水 柚子のかほり

椿堂 練り香水 柚子のかほり

posted by すず at 17:22 | 練り香水

2015年05月25日

練り香水 スイートマスカットの香り

ダイソー製の、100円の練り香水ですが、最近見かけなくなりましたので、もしかしたらすでに製造されていないのかもしれません。(本サイトのダイソー練り香水のコラムはこちら→ダイソー(100均)でも練り香水は買える

「練り香水 スイートマスカットの香り」
練り香水 スイートマスカットの香り
ダイソーっぽいパッケですね。

練り香水 スイートマスカットの香り
【内容量】8g
【成分】ワセリン、セレシン、トリイソステアリン酸ポリグリセリルー2、トリエチルヘキサノイン、ミネラルオイル、香料、ミツロウ、トコフェノール、プロピルパラベン、酸化鉄
【容器サイズ】直径約2.7cm×高3cm

練り香水 スイートマスカットの香り

とても甘いマスカットの香りです。
練り香水 スイートマスカットの香り
容器のグリーンから、もうっちょっとさわやかな香りを想像しましたが、このシリーズのほかの銘柄と同様に、あま〜い香りです。
ダイソーさん、もう少し甘さを抑えた大人な香りを作ってくれてもいいのではないかと思います。ダイソー製練り香水を買っているのは、子供さんよりも「練り香水ファン」の大人のほうが多いように思いますけど?

練り香水 スイートマスカットの香り

容器は、蓋がしっかりしまって、扱いやすく持ち歩きやすい大きさです。見た目の安っぽさ以外は、全部好きです。
練り香水 スイートマスカットの香り

posted by すず at 21:14 | 練り香水