>

2016年03月14日

Le Crayon Parfum

実家の自分の部屋から、こんなものが発見されました……。

Le Crayon Parfum

なんだろう、これ。何にも覚えてないけど、自分で買ったのかしら。それとも、誰かにもらった?

Le Crayon Parfum

Le Crayon Parfum

「Le Crayon Parfum」と読めます。「ペンシル香水」というか、要するにスティック型の香水です、ってことだと思います。

こんなパッケに入っていました。
Le Crayon Parfum

台紙にうっすらシミが出ているのが、年月を感じさせます。
この香水が、いつからあるのか分からないですが……私が実家を出る前からあるのだとすれば、すでに25年以上寝かせていることになります。

↓パッケの裏です。
Le Crayon Parfum

パッケのどこにも、日本語の記述がありません。輸入元が貼った日本語シールみたいなものもありません。そうなると、「フランス土産?」と思わないでもありません。でも、こんなお土産をくれた人の記憶が無いんだけど……。

台紙を見たところ、この香水は「シャネルの5番タイプ」というものらしいです。
シャネルが正規で出している、シャネルの5番の練り香水、ではなくて、全然別会社が、「シャネル5番っぽい香り」を調香して、「シャネル5番風」として製造したみたいです。

蓋を開けますと……
Le Crayon Parfum
な、なるほど。たしかにそれっぽい香りかもしれない。本物ほど濃厚じゃないけど。

スティックをくりだしてみます。
Le Crayon Parfum

全部くりだすとこうなります。
Le Crayon Parfum

私の持っているスティック型の練り香水の中では、一番細いです。このくらいの細さ、悪くないと思います。持ち歩きには便利ですね。

大昔の練り香水なので、肌につけるのがためらわれ、未だに眺めているだけです。でも、スティックの芯を出したり入れたりしていると、シャネル5っぽい、化粧くさいような香りが漂って、ちょっと楽しいです。

20何年たっていたとしても、見た目にはそんないヤバい物体にはなっていません。なので、いずれ好奇心に負けたら、私は恐る恐る手首につけてしまうと思われます。

でも、ホントにこの練り香水はどこからやってきたのでしょうか。
存在を完全に忘れていたことと、「シャネル5番風」というセレクトが自分らしくないことを考えると、やはり誰かにもらったのではないかと推測されます。
もらったばかりのときに、香りを試して、気に入らなくて放置した……というようなことなのでしょうか。

posted by すず at 23:21 | 練り香水